ERP eラーニング・LMS(オンラインコース作成) その他 コンテンツ管理 コンテンツ管理 マーケティング 人材教育 情報共有

Teachable(ティーチャブル)のプライバシーポリシーと利用規約を日本語化(翻訳)

この記事では、Teachable の日本語化(翻訳)の中でも、プライバシーポリシーページと利用規約ページについて、どのように変更するか記載いたします。

Teachableは、元々海外のツールなので、プライバシーポリシーページも利用規約ページも英語表記で記載されています。

英語が苦手な日本人のお客様を対象とする場合は、このプライバシーポリシーと利用規約も日本語で表記しておくと丁寧です。

プライバシーポリシーの変更

プライバシーポリシーページへの行き方

管理画面にログインした状態で、左メニューの「Site」をクリックして、次に「Page」をクリックします。

ここでは、ページの情報を編集することができます。この中で「Privacy Policy」というページタイトルの右側の「Edit」をクリックします。

そうするとこのような画面が表示されるので、メイン部分をクリックすると、左側で編集することができるようになります。

ここにプライバシーポリシーの翻訳版を記述しておきます。提供者の状況にあわせて変更してみてください。

プライバシーポリシーの例

個人情報保護方針
本プライバシーポリシーは、当校の利用者(以下、「生徒」といいます)から収集した情報の収集、利用、維持および開示の方法について規定するものです。本プライバシーポリシーは、当校および当校が提供するすべてのコースに適用されます。

 

個人を特定できる情報

当校は、生徒が当校または当校のコースに登録する際、ニュースレターを購読する際、および当校が提供するその他の活動、サービス、機能、またはリソースに関連して、様々な方法で生徒から個人を特定できる情報を収集する場合があります。学生は、匿名で当校を訪問することができます。当社は、生徒が自発的に提供した場合にのみ、生徒から個人を特定できる情報を収集します。生徒は、個人を特定できる情報の提供を拒否することができますが、その場合、当校に関連する特定の活動に従事することができなくなる可能性があります。

 

収集した情報の使用方法

当社は、以下の目的のために、生徒の個人情報を収集し、利用することがあります。

顧客サービス向上のため
ご提供いただいた情報は、お客様のカスタマーサービスのリクエストやサポートのニーズに対して、より効率的に対応するために使用されます。
お客様のユーザー体験をパーソナライズするため
当校は、学生がグループとして当校で提供されるサービスやリソースをどのように利用しているかを理解するために、情報を集計して使用することがあります。
定期的な電子メールを送信するため
当社は、受講者のメールアドレスを使用して、受講者に注文に関する情報および最新情報を送信することがあります。また、お問い合わせやご質問、その他のご要望にお応えするために、受講者の電子メールアドレスを使用することがあります。
個人情報の共有について

当社は、生徒の個人を特定できる情報を他者に販売、取引、貸与することはありません。

第三者のウェブサイト

当社のサイトには、当社のパートナー、サプライヤー、広告主、スポンサー、ライセンサー、その他の第三者のウェブサイトやサービスにリンクしている広告やその他のコンテンツが掲載されていることがあります。当社は、これらのウェブサイトに表示されるコンテンツやリンクを管理しておらず、当社からまたは当社へリンクされたウェブサイトが採用する慣行について責任を負うものではありません。さらに、これらのウェブサイトまたはサービスは、そのコンテンツやリンクを含め、いつでも変更される可能性があります。これらのウェブサイトまたはサービスは、独自のプライバシーポリシーまたはカスタマーサービスポリシーを有している場合があります。当校にリンクされているウェブサイトを含め、他のウェブサイトの閲覧や交流は、そのウェブサイト独自の条件やポリシーに従います。

本プライバシーポリシーの変更

当校は、本プライバシーポリシーをいつでも更新する権利を有します。学生は、変更のために頻繁にこのページを確認することをお勧めします。学生は、定期的にこのプライバシーポリシーを確認し、変更を認識することは自分の責任であることを認め、同意するものとします。

本規約の受諾

本校に入学することにより、あなたはこのプライバシーポリシーに同意することになります。本プライバシーポリシーに同意されない場合は、当校への入学をご遠慮ください。本プライバシーポリシーが変更された場合、お客様が引き続き当校に入学された場合、お客様はその変更に同意されたものとみなされます。

利用規約の変更

利用規約ページへの行き方

管理画面にログインした状態で、左メニューの「Site」をクリックして、次に「Page」をクリックします。

ここでは、ページの情報を編集することができます。この中で「Terms of Use」というページタイトルの右側の「Edit」をクリックします。

そうするとこのような画面が表示されるので、メイン部分をクリックすると、左側で編集することができるようになります。

ここに利用規約の翻訳版を記述しておきます。提供者の状況にあわせて変更してみてください。

利用規約の例

利用規約
1. 利用規約
本校にアクセスすることにより、お客様は本利用規約、すべての適用法令に拘束されることに同意し、適用される地域の法律を遵守する責任を負うことに同意するものとします。本規約のいずれかに同意されない場合は、本サイトの使用またはアクセスを禁じます。本校に含まれる資料は、適用される著作権法および商標法によって保護されています。

 

2. 使用許諾
本校のウェブサイト上のダウンロード可能な資料は、個人的かつ非商業的な一時的閲覧のためにのみ、一時的に1部ダウンロードすることが許可されるものです。これはライセンスの付与であり、所有権の譲渡ではなく、このライセンスに基づき、あなたは以下のことを行うことはできません。
資料の修正またはコピー。
商業的な目的、または公共の場(商業的か非商業的かを問わない)での展示のために、資料を使用すること。
当校のウェブサイトに含まれるいかなるソフトウェアの逆コンパイルまたはリバースエンジニアリングを試みること。
資料から著作権またはその他の所有権に関する表示を削除すること。
資料を他人に譲渡したり、資料を他のサーバーに「ミラーリング」すること。
このライセンスは、お客様がこれらの制限に違反した場合、自動的に終了するものとし、当社はいつでもこのライセンスを終了させることができます。これらの資料の閲覧を終了した場合、または本ライセンスが終了した場合、お客様は電子的または印刷された形式であるかを問わず、お客様が所有するダウンロードした資料をすべて破棄しなければなりません。

3. 免責事項
当校のウェブサイト上の資料は、「現状のまま」提供されます。当校は、明示または黙示を問わず、いかなる保証も行わず、商品性、特定目的への適合性、知的財産やその他の権利の非侵害に関する黙示の保証や条件など、その他のすべての保証を排除し否定するものであります。さらに、当校は、そのウェブサイト上の資料の使用、または当該資料や本サイトにリンクされたサイトに関する正確性、可能性のある結果、または信頼性に関して、いかなる保証も表明も行いません。

 

4. 制限事項
当校は、たとえ当校または当校の関係者が口頭または書面によりその損害の可能性を通知されていたとしても、当校のウェブサイト上の資料の使用または使用不能から生じるいかなる損害(データまたは利益の損失、事業の中断によるものを含むがこれに限定されない)に対しても、一切の責任を負うものではありません。司法管轄区域によっては、黙示的保証の制限、または結果的もしくは付随的損害に対する責任の制限を認めていないため、これらの制限がお客様に適用されない場合があります。

 

5. 改訂および正誤表
当校のウェブサイトに掲載されている資料には、技術的な誤り、誤植、写真の誤りがある可能性があります。当校は、当ウェブサイト上の資料が正確、完全、最新であることを保証するものではありません。当校は、当ウェブサイトに掲載されている資料をいつでも予告なく変更することができます。しかし、当校は、資料を更新することを約束するものではありません。

 

6.リンク
当校は、当ウェブサイトにリンクしているすべてのサイトを精査しているわけではなく、リンク先のサイトのコンテンツについて責任を負うものではありません。また、当校は、リンク先のサイトの内容について何ら責任を負うものではありません。リンク先のウェブサイトの利用は、利用者ご自身の責任において行われるものとします。

 

7. サイトの利用規約の変更
当校は、当ウェブサイトの利用規約を予告なく変更することがあります。このウェブサイトを利用することをもって、お客様は本利用規約の最新の版に同意したものとみなされます。

 

8. 準拠法について
当校のウェブサイトに関するあらゆる請求は、抵触法の規定に関わりなく、当校所有者の居住地の法律に準拠するものとします。

その他の日本語化(翻訳)項目

Teachableでは、その他に日本語化する事ができる内容に、「Custom Text」というものがあります。

Custom Textでは、あらかじめシステムで翻訳できる対訳表のようなものがあります。そこに日本語訳を設定しておくことで、実際の利用者の目に触れる部分を日本語に変更することができます。

こちらの記事も合わせて読んでいただければ幸いです。

-ERP, eラーニング・LMS(オンラインコース作成), その他 コンテンツ管理, コンテンツ管理, マーケティング, 人材教育, 情報共有
-

Copyright© SaaS Lab. , 2022 All Rights Reserved.