その他 コンテンツ管理 コンテンツ管理 スクリーン・画面キャプチャー 動画編集・配信 情報共有

イチオシ!ビジネスの生産性をあげる高機能画面キャプチャ・画面録画ソフト/Snagit

この記事では、主に生産性を向上すること真に求めている現場で役立つ画面キャプチャ・画面録画ソフト「Snagit」をご紹介していきます。

Snagitとは?

Snagitは、TechSmith社が開発しているWindowsやMacで利用することができる多機能画面キャプチャソフトです。デスクトップ画面全体やその一部だけを切り取って画像として保存したり、マウスの動きや再生される動画、音声などすべて含めて動画として保存することも可能です。ユーザーインターフェースは日本語に対応しているので、安心して利用することができます。

チャットやメールといったコミュニケーション手段が多くなり、情報の伝達スピードが早くなっていく昨今、どうしてもコミュニケーションロスというものが発生します。お互いの認識があっていない中での会話は、その後大きな問題を引き起こす可能性があります。

そうした中で、Snagitでデスクトップに移されている様子を画像や動画を相手に送信することで、より正確な情報を共有することができるようになります。


Snagitのサイトはこちら

Snagitの主な機能・特徴

画面キャプチャ(画像・動画)

Snagitは、全画面・特定のウィンドウ・ウィンドウ内のフレーム・指定の範囲・自動スクロール画面のキャプチャを撮ることが可能です。

テキストの取り組込み

スクリーンキャプチャからテキストを抽出して、テキストをその他のアプリケーションへ貼り付けることができます。

スクリーンレコーディング

画面を録画しながら、作業の様子や手順の説明を画面録画+音声+ウェブカメラなどを撮影でき、mp4形式の動画ファイルや、.gitアニメ形式の画像ファイルを作成することができます。

WEBカメラから映像を取り込み、ピクチャー・イン・ピクチャーが可能なので、表情を移しながら画面を録画することができます。

ビデオクリップのトリミング

撮影した動画の例えば最初と最後、あるいは必要な箇所のみといった部分を取り除くトリミング機能が付いています。簡単な編集で済む作業であればSnagitの中で完結することができます。

また、同社TechSmith が提供している動画編集ソフトCamtasiaへそのまま動画編集ファイルとして流し込むことができます。より高度な編集を希望する場合はCamtasiaと同時に利用すると良いでしょう。

iOSの画面録画

Tech Smithキャプチャーアプリを利用すれば、iOSデバイスの画面を録画して、すぐにSnagitに共有してトリミングすることが可能です。

注釈・スタンプ

画面キャプチャした画像に対して、矢印や四角や丸などの枠線を追加したりテキストなども追加することができます。その他、アイコンなども多数収録されているので、わざわざ別の場所でアイコンを探して保存したりする必要はありません。

ステップツール

例えば、1,2,3・・・と言った手順を順番に説明したい時、自動的に数字が大きくなるようにスタンプを押すことができます。わざわざすでに作成したものをコピペして中身を編集する必要はありません。

スマートムーブ

画面キャプチャ内のオブジェクト要素を移動させることができます。つまり、画像の中にある必要な部分を切り取って、その他の部分に移動させることができます。不要な画像やテキストといった要素がある時は、元々存在していないかのようにそこだけキレイに見せることもできます。

ぼかし・モザイク

画面キャプチャ内の見られたくない部分などは、ぼかして見た人がわからなくすることができます。ぼかしのタイプはブラーやモザイクなど複数のぼかしパターンに対応しています。

コピー・保存・共有

キャプチャしたスクリーンショット画像・動画は、自動的にクリップボードにコピーさせるか、させないかを選択することができます。自動的にクリップボードにコピーできたら、撮影してすぐに目的の場所に貼り付けることができます。

また、画像ファイルや動画ファイルとして保存することはもちろん、Slack、Teams、Dropbox、Google Drive、PowerPoint、Word、電子メールなど、毎日利用しているアプリで共有できます。

過去のスクリーンショットを保存

過去に撮ったスクリーンショットをアーカイブしてくれます。これにより毎回保存することなく、撮影作業を一気に行うことができます、少し前に撮影したものを振り返りながら再度取り出すことができます。また、日付や撮影したアプリケーションごとにフィルタすることもできます。

ショートカットで一発起動

Snagitでスクリーンショットを撮影したいと思った時に、すぐに起動できるショートカットが用意されています。一瞬で立ち上がるので、わざわざアプリケーションを探してクリックして開く必要はありません。

Snagitの価格

Snagitは15日間の無料利用期間があります。すべての機能を利用することができるので、どのようなものか試してみたいという方におすすめです。

無料ダウンロードはこちら

Snagitの本体価格

約8000円:海外の製品なので、価格も為替の影響を受ける可能性があります。

この中には、Snagitのライセンス+メンテナンス契約1年分、日本語版、Windows/Macの両方に対応、次期バージョンへの無料アップグレード、使い方トレーニングビデオ、チャット・メールによるオンラインサポートが付属します。

Snagitの価格ページはこちら

※同社の動画編集ソフトCamtasiaと同時に購入すると、Camtasiaが割引されるようです。もし、ガッツリ動画を撮るような用途でSnagitを利用しようと考えていらっしゃる方は、Camtasiaにも画面録画機能・高度な編集機能があるので、同時購入がおすすめです。

バンドル(Camtasia+Snagit)セット

サポートメンテナンス更新料

年間約1500円:元々購入時に、1年間のメンテナンス契約が含まれているため、時期バージョンへのま無料で利用できますが、2年目以降はメンテナンス・サポート費用として、約1500円ほどかかります。

新たな機能が追加されたり、ソフトウェアに不具合があったときなどのアップデートが可能なので、費用がかかるといえど、年間1500円程度であればリーズナブルなコストです。

30日間の返金保証

購入後30日間の返金保証もついています。無料ダウンロードで試して、納得して利用するのが一番確実だと思います。

おわりに

画面キャプチャソフトは、無料・有料問わず様々なものがあり、私自身昔からあらゆるツールを試してきました。最近ではWindowsの純正のスクリーンショットツール「Snipping Tool」などもありますが、使いやすさや利便性がいまいちです。

無料のツールは、「これはできるけど、あれはできない」ということが往々にしてあります。今回ご紹介したSnagitは有料ではあるけれどもその機能・使いやすさ(利便性)が群を抜いています。

私自身、何年も愛用しているツールとして全力でおすすめできる製品です。

単に時間を短縮するとか、単純に便利といったいわゆる広義の「生産性」ではなく、仕事のミスや手戻り、再確認等を減らすための「エビデンスベース」で仕事をすることができ、情報の伝達で齟齬を無くすためにものすごく重要だと考えています。コミュニケーションロスや手戻りを防ぐことで、本来しなくて良い業務を省くことができます。

ぜひ試してみてください。

Snagitのサイトはこちら

イチオシ!オンラインコース動画作成に最適な動画編集ソフト/Camtasia(カムタジア)

この記事では、オンラインコースなどの動画講座を作成する人にとって最適な動画編集ソフトCamtasia(カムタジア)をご紹介しています。 Camtasia(カムタ ...

続きを見る

-その他 コンテンツ管理, コンテンツ管理, スクリーン・画面キャプチャー, 動画編集・配信, 情報共有
-,

Copyright© SaaS Lab. , 2022 All Rights Reserved.